おすすめのDVDの感想

『ドラゴンボール〜神と神〜』は私のおすすめのDVD作品です。
ドラゴンボールの本編のストーリーや展開を大事にしつつ、
昔からのファンにとって懐かしいセリフやキャラクター、近年のテレビ
アニメでのファンである子供達にとっても置いてけぼりにならない構成が、「年代に関わらず愛されているんだなあ」と感じました。

相変わらず「強い者に挑みたい」孫悟空の成長ぶりにワクワクしました。内容に触れて言えば、悟空が「スーパーサイヤ人God」のまま話が終わるのではなく、「スーパーサイヤ人Godの世界観を取り入れた通常のスーパーサイヤ人」というところで力をつけて落ち着いた所が、「ファンを大事にしている!」と特に感動しました。

やはりファンにとっては、通常のスーパーサイヤ人が一番好きなんじゃないかと思います!

あともう一つ、「時代だなあ」と思った所は、「人が死なない」んですね。物は壊れますが、一般人の命が奪われる描写がないことが少し時代を感じました。

「今風」に創られたドラゴンボール。
しかしちゃんとファンの心を掴んでくれる、素晴らしい作品でした。