おすすめのDVDの感想その⑤

『舟を編む』という映画は辞書作りにすべてをかけた若者の話なのですが、私たちが何気なく使っている辞書がどうやって作られているのか、それに携わる人がどんな思いで辞書を作っているのかを知ることができてとてもよかったと思います。

確かに何百万もの言葉が載っている辞書を一から作り上げることは想像もつかないような作業が必要だと思いますし、想像もつかない時間がかかります。
それらを十年以上あきらめずに必死に辞書作りと向き合ってきた辞書編集部の人たちに気づけばついつい感情移入してしまって、辞書が出来上がったときには同じように達成感でいっぱいになりました。

辞書を作り上げる十数年の中で成長していく主人公の馬締さんの成長っぷりや、その同僚、先輩、恋人などの人間関係もゆったりした時間の中で少しづつ形を変えていきすごく魅力的なものになっていきます。

キャストも松田龍平さんをはじめオダギリジョーさん、池脇千鶴さん、宮崎あおいさんなど私の好きな俳優さんばかりで最後までとても楽しむことができました。

少し笑えるところもありますが、なんだか頑張ろうと思える映画なのでなにか落ち込むことがあったときにはまた見たいと思います。